NEW POST

岡場のリフォーム

岡場のリフォーム_f0370091_23574181.jpg


既存建具を塗装し再利用しようと
思いましたが、クロス貼りにエッグペイント
してもいい表情にならなかったので
クロス剥がすことに。

岡場のリフォーム_f0370091_23574187.jpg


クロスを剥がし、さらに下紙も剥がします。


岡場のリフォーム_f0370091_23574111.jpg


こんな感じでコツコツ剥がします。


岡場のリフォーム_f0370091_23574430.jpg


そこにシーラーで下地処理した後
塗装します。

とりあえずざっとローラーで塗って。


岡場のリフォーム_f0370091_23574044.jpg


2回目に塗るときは刷毛で塗ります。


岡場のリフォーム_f0370091_23574476.jpg


そうするとこういう表情に。

壁の珪藻土と似たような
少し水分を含んだ光の当たり方
になってます。

今の住宅はとにかく乾式でなんでも
かんでもできてますが、湿式な感覚で
家をつくりたいと考えているので、
こうした光の感じはとても好きです。
なんとなく情緒的な感じです。


岡場のリフォーム_f0370091_23574497.jpg


建具の他にも、既存照明の根元部分が
黒のスチールだったのでそれを白く
したり、塗装はいろいろしています。


岡場のリフォーム_f0370091_23574132.jpg


他にも、タイル屋さんが来たので
目地の打ち合わせとか。


岡場のリフォーム_f0370091_23574178.jpg


今回は淡灰でいきます。
このタイルはよく使う名古屋モザイク
のイリーデという釉薬がかかったもの。


岡場のリフォーム_f0370091_23574156.jpg


リビングの壁にはレンガタイル貼りますが。
その目地も色の調子を検討中。

タイルは都窯業です。

岡場のリフォーム_f0370091_23574424.jpg


打ち合わせもしつつ、リビングの天井に
張った桐が余ってるのでそれを個室の
壁に張ったり。

大工仕事はやはり難しい・・・
精度はでないですが、個室は珪藻土の壁に
桐の板張りとなんとも空気はよくなると
思います。

個室の壁はコストのこともありもともと
ペンキでいこうかと話してましたが、
お子さんが喘息気味ということもあり、
自分も最近喘息咳になりこりゃ大変だ
ということで少しでも体にいいもの
使ってあげたいなあと急遽壁を塗り
桐を張ってみました。

同じくらいの年の子がいると、
なんだか頑張れるというもんなの
かもしれません。

大工さんがなんでもするなあ、
変わった設計士やなあと
言ってましたが、そういう設計士が
いてもいいのかなあと思いつつ、自分で
いろいろできるようになってると
そういう機転がきくのでいいもんですわねえ。




トラックバックURL : https://morimotoa.exblog.jp/tb/32169410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by morimoto_a | 2021-03-02 00:24 | 岡場のリフォーム | Trackback | Comments(0)