NEW POST

実に清々しい


実に清々しい_f0370091_22515166.jpg


仕事が一段落。

勤めてた頃や独立してから
山登りみたいなもんでずっと森の中を
さまよって歩いていた感じですが
その時々でみたものが今になって
いろいろと活きてるなあと思います。

一般的には建築家というのはこの道を行き、
あそこのベンチでご飯を食べ、
山頂できれいな景色を見ましょう!
それが一番すごいんですよ!
みたいな感じでそれはそれでいいん
だろうなあとは思いますがどうも
そこまで確固たる世界観があって
仕事に取り組んでいるわけではないので、
自分の性格には合わず。

ただ、一般の人より建築に対していろいろな
ことを勉強してきてはいるので、
光の入れ方、スケール感、動線、それを
プランでまとめる技術、素材や断熱や設備に
対しての知識などがあり、
たくさん見てきたものや知ってきたことから
これがよいのでは?と提案はできるわけです。

要は強い世界観がこちらにはあるわけではなくて、
話しながら脱線しつつ、その人にとっていい家
というものはどういうものだろうと考えていく
わけですが、何度もやり取りすることで
プランも変わっていって、気づいたらものすごい
いい家なってたなあという道中楽しかった感が
今回あり、手応えを感じたここのところです。

こうした手応えを感じるのは自分の仕事の
仕方だと40歳くらいなってからかなあと
思っていたので、今そうした感覚があった
というのは設計者としては多少は
成長を感じてとても清々しい。

まあ、まだ計画中なのでまだ建ってはない
んですが、自分の考えだけでは拡がらないことが
クライアントと話をすることで拡がっていき、
まだ道の途中ですがほんといい景色が
見れたということが、嬉しいもんです。

それもこれも、アアルトや北欧の建築のことを
なんとなくいいよねえではなく、なにがよい
のだろうと考え続けてきたからであって、
それなりに真剣に向き合ってきた成果が
でたんだなあと思いましたわねえ。


トラックバックURL : https://morimotoa.exblog.jp/tb/31045055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by morimoto_a | 2020-02-06 23:39 | いろいろ | Trackback | Comments(0)