NEW POST

ウォールナットの手摺の取り付け

f0370091_21044929.jpg

本日は頼まれていたウォールナット
の手摺の取り付けに宮大工の棟梁と
やって来ました。

手摺はtoolboxにあった
無垢のウォールナットのものです。

この受けの部分が無垢材というのが
とてもいいです。
普通はステンレスとか金物なので、
受けも木というのは珍しいと
いえば珍しい。

f0370091_21045205.jpg

手摺取りつくとこんな感じ。

f0370091_21081982.jpg

30×40の角材です。
適度に面取りされてるので
触り心地もよいです。

f0370091_21045664.jpg

既存の建物は三井ホームですが、
色目が濃かったので手摺の
ウォールナットがとても合います。

f0370091_21050000.jpg

廻り部分。
受けの位置は下地の木があるところを
優先して取り付けしました。

f0370091_21050474.jpg

おりる時に縦の手摺もあると
便利なので取りつけてます。

f0370091_21050758.jpg

階段が踏み面210蹴上210という
急勾配だったので昇り降りがとても
楽になりました。

f0370091_21051100.jpg

材料がちょっと余ったので
角に切って受けをつくって。

f0370091_21051852.jpg

玄関脇にも取り付けることに。

f0370091_21051539.jpg

これも少しあるだけで玄関の
使い勝手がかなり変わります。

この手摺は2.1mで8,800円で
今回は3本で26,400円と
受けが2,300円が9つ必要だったので
20,700円であと送料が
かかるので材料費が50,000円
くらいです。

あと取り付け費くらいですが
無垢の手摺が半日くらいで
つけれるのでなかなかよいなあ
と思います。

まあ、棟梁が気が向いて来てくれたら
つけれますので、ご興味ある方は
どうぞ連絡ください。
なかなかいいですよ~。












トラックバックURL : https://morimotoa.exblog.jp/tb/30369311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by morimoto_a | 2019-01-18 21:20 | いろいろ | Trackback | Comments(0)