NEW POST

住宅に求めるものはなにか

f0370091_19201396.jpg


こういう風景が見れたらそれだけでいいななんて思う。

大開口から景色を見れることが大事なのではなく、
心落ち着く窓であることが大切なことで、
既製品のサッシではできないことはないが
雰囲気をつくることは難しかったりする。
そして、その雰囲気は床や天井や素材や設備や、
様々な要素が重なり合って成り立っているものであり、
その考え抜かれてあるべき状態が風景である。

開口をつくるのは簡単で、図面にこのメーカーの
この大きさの窓と書けば開口はできるし、
日本にある窓の95%はそうしたただ商品を
つけただけのものだろう。
でも、ほんとは設計者の仕事は、
その人の暮らしの中でどういった風景があれば
生活が豊かになるかを考えかたちを
与えることにあると思う。

住宅に求めるものは、この金額でこうした家が
建つという商品を買うことではなく
暮らしの風景をつくることにあり、
それを求める人であれば、設計事務所に
仕事を頼む意味があるのかなと思う。

























トラックバックURL : https://morimotoa.exblog.jp/tb/27688718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by morimoto_a | 2017-03-31 23:52 | いろいろ | Trackback | Comments(0)